線維腺腫

線維腺腫は20〜40歳代に多く見られ、特に30歳代に多いことが特徴的です。症状はしこりだけで、痛みを伴わないことがほとんどです。

しこりは球状または卵形でゴムのような弾力を持ちます。よく動き、しこりのまわりは滑らかでツルンとしています。片方の乳房に1つできることが多いのですが、数個できたり両方の乳房にできることもあります。(1割程度)

以前からずっとある」ようでしたら、ほとんどが線維腺腫でしょう。大きさは2〜3cmぐらいで、5cmの大きさになるのは全体の3%ぐらいです。

若い方で乳房の形が変わるぐらい大きくなることもありますが、その場合は若年性線維腺腫と呼ばれています。

線維腺腫は女性ホルモンの影響で形成されると考えられており、ホルモンの分泌状態が変わると自然に消えてしまいます。そのため70〜80歳になると線維腺腫のある方はまったくいなくなります。

診断は比較的簡単に済みますが、硬くてまわりが歪んでいるものは乳がんと間違えることもあります。若い方の診察の場合は、マンモグラフィでは乳腺が濃く写るため、しこりとして見つけにくい場合が多々あります。

超音波検査では乳腺は白く写り、しこりは黒く写りますので若い方でも分かります。両方の診察を受けて精度を上げる診察が、一番望ましいと思います。線維腺腫という診断がでた場合、基本的には手術はいらないでしょう。

日頃、自己検診で大きさの変化に注意をして、定期的に超音波検査を受けることも重要です。あまり大きくなると乳房が変形したり、切除した場合の手術跡が目立つ可能性があるので、専門医と相談してどうするかを考えましょう。

関連エントリー

Copyright ©  胸や脇のしこりの見方と乳がん検診ガイド All Rights Reserved.