乳管内乳頭腫

乳管内乳頭腫は、良性の腫瘍です。症状は乳頭からの異常分泌として表われることが最も多く、しこりが症状として出ることは多いとは言えません。

乳頭からの血の混じった分泌物が出た場合、3割ほどがこの乳管内乳頭腫だと言われています。

30〜50歳代で見られる病気ですが、最も多いのは40〜50歳代でしょう。40〜50歳代では大きめのしこりができることもあります。このように大きめのしこりが1つできていて乳管内乳頭腫と診断された場合は、乳がんになる可能性は少ないとされています。

分泌物は茶褐色、または赤い血性です。分泌量は下着に付く程度から大量に乳汁様に出るものまでさまざまです。しこりは全体的に軟らかく、硬くてもやや硬い程度の場合がほとんどです。

そのため、しこりは触っても分かりにくいと言われています。また超音波検査とマンモグラフィで検査をしても、がんとの判別は難しく、細胞診や生検で診断結果がでることが多いようです。

触れないような小さな乳管内乳頭腫がたくさんできる場合があります。このような小さい乳管内乳頭腫がたくさんできている場合は、がんを併発する可能性が高くなるので注意深い観察が必要になります。

診断には時間がかかることが多いと思いますが、段階をふんでしっかりと検査を受けてください。

関連エントリー

Copyright ©  胸や脇のしこりの見方と乳がん検診ガイド All Rights Reserved.