乳がんの痛み

乳がんは原則的には痛みません。ごく稀に痛みがあることがありますが、ほとんどないと言っていいでしょう。むしろ乳房が強く痛むときは、細菌感染による乳腺炎の疑いが強くなります。

また、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の場合も心配になる方がいるでしょう。この病気は、最初身体の左右どちらか片方にチクチクした痛みが起こり、しばらくするとその部分が赤くなり、やがて水ぶくれになっていきます。

乳房にできた場合にチクチクした痛みや水ぶくれができるので、乳がんではないかと心配になる方もいるでしょう。これは水疱瘡のウイルスなどが原因でなる病気なので、乳がんとは全く関係ありません。

また、肋骨や肋軟骨をしこりと間違えて押した場合にも痛みを感じます。心配になると何でもしこりに思えてしまうのでしょうね。

それから、月経前に乳房の痛みや張り、しこりができる不定症状を月経前症候群(PMS)と呼びます。これは比較的若い方にも多い症状で、ホルモンの影響で乳腺が膨らみ、神経が刺激されて起こると言われています。この症状はしこりがなくても乳房が痛むこともあります。

このように痛みがある場合は乳がんの可能性は低いのですが、近年は若者の乳がんも増えています。
また、乳腺症に乳がんが合併する場合もありますので慎重に検査を受けることが重要になります。

関連エントリー

Copyright ©  胸や脇のしこりの見方と乳がん検診ガイド All Rights Reserved.