乳がんの手術後

乳がんの手術後、完全に治ったとされる期間は10年です。がんの種類によって違いますが、胃がん、子宮がんなどでは5年です。これから、乳がんはゆっくりと育つがんということが分かると思います。

乳がんは、ゆっくり育ついう良い面もありますが、術後20年で再発するということもあるものです。ですから、術後は再発防止のために定期診察を必ず受けましょう。

乳がんの定期診断では3つの意味があります。1つめは術後の乳房の経過を見ます。傷口の経過や、再発がないかのチェックをします。2つ目は逆の乳房のチェックをします。これは乳がんの性質上、片側にできると反対の乳房にもできる傾向があるからです。3つ目は他の病気のチェックになります。

これらの診察は自己検診もできるので、違和感を感じたら、すぐに担当の医師に相談してください。特に何もない場合も多いと思いますが、それはそれで良いと思います。自己検診の目的は、早期発見ですからね。早めの処置の仕方はイロイロありますから、遠慮せずに相談しましょう。

関連エントリー

Copyright ©  胸や脇のしこりの見方と乳がん検診ガイド All Rights Reserved.