特殊ながん

比較的まれですが特殊なタイプのがんもあります。特徴が大部分を占める場合にのみ、この特殊型になり、1部のみに見られる場合は通常型の乳がんになります。(全体の約10%)

粘液がん(約4%)、髄様がん(約0.5%)、浸潤性小葉がん(約4〜5%)、腺様嚢胞がん(約0.02%)、扁平上皮がん(約0.1%)、紡錘細胞がん(約0.1%)、アポクリンがん(約0.2%)、骨・軟骨化生を伴うがん(約0.02%)、管状がん(約0.5%)、分泌がん(約0.07%)、その他(約0.1%)

関連エントリー

Copyright ©  胸や脇のしこりの見方と乳がん検診ガイド All Rights Reserved.